「地金」という言葉は業界用語ですか!?

みなさん、「地金(じがね)」という言葉をご存知ですか?
先日、宝石業界ではない方とお話をしているときに、
こちらが「地金」と言ったところ、キョトンとされちゃいました。

地金は一般的ではないんですかねー?

以下はWikipediaからの引用です。

地金:

地金(じがね、じきん)とは、金属を貯蔵しやすいような形で固めたもの。
金属塊。インゴット、バーともいう。
例外として、水銀は液状である事から、アマルガムを生じない鉄製フラスコやボンベ、
または樹脂製ボトルやガラス瓶に注入されて取引される。
また、半金属であるアンチモンやビスマスも地金として流通させる事が多い。

貴金属の地金
日本で一般に投資対象として流通しているのは、金、白金、銀の地金である。
パラジウムや銅、鉛、アルミニウムの地金も存在するが、あまり売買されない。
また銀地金は、単価の安さから取引重量が大きくなっているため、投機目的の個人の取引は少ない。

近年、株式市場の冷え込みや、預貯金の保全性に対する不安や、
アメリカ同時多発テロ事件の影響などで、金地金をはじめとする貴金属の地金の人気が高まっている。
地金の購入時には身分証明書は不要な場合が一般的だが、売却時には必要な場合が多い。

地金の販売価格は販売店によって異なる。
百貨店・貴金属店(宝石店)・商品取引員のどれを利用するかによって購入価格に差が出る。
商品取引員経由の場合が最安であることが多いが、流通地金のために傷がついている場合もある。

続きを読む

ジュエリー市場の1兆円回復が視野に!!!

THE WALL STREET JOURNALのJAPAN REAL TIMEによると、
金やダイヤモンド、真珠などジュエリーの販売が好調で、
市場規模1兆円規模への回復が視野に入ってきたとのことです。

矢野経済研究所が宝石専門店チェーンや百貨店などを対象に実施した調査によると、
2012年のジュエリー小売市場規模は、前年比1.8%増の9110億円となりました。
また、2013年9374億円(前年比2.9%増)、2014年9824億円(同4.8%増)と堅調に推移し、
2015年には1兆円規模の回復を予測していますね。

東日本大震災による落ち込みの反動もあるようですが、
富裕層の消費が回復してきていることが大きいとしています。

また地金価格の高騰に連動し、
結婚指輪やネックレスチェーンなどの石の付いていない地金商品も販売価格が上昇。
このため、将来の値上がりへの期待から資産目的による購入もある、と同研究所は指摘しています。

みずほ総研シニアエコノミストの武内浩二氏は2012年の消費動向について、
「東日本大震災後の買い控えから消費するムードが高まり、百貨店などでも高級品が売れるケースもあった。
『アベノミクス』が加わり、夏場すぎに息切れすると思っていた消費が年末まで続いた」
との見方を示しています。

米国では、
ジュエリーなどを扱うティファニーやコーチなどの高級ブランド店は今年に入り、
今後の成長性に懸念が出てきました。
低価格志向の顧客を取り込もうとしたことで、
収益の低下や顧客数の減少という状況になっているようです。

しかし、日本では今後も景気回復への期待が高まっており、
市場は拡大基調と矢野経済研究所はみています。
男性向けジュエリーの販売が好調のほか、消費税増税前の駆け込み需要なども期待されています。
一方で、婚姻組数の減少によるブライダル関連需要の縮小傾向に歯止めがかからないようです。

ジュエリー市場の規模は、バブル末期の1991年には3兆円もありました。
その後は日本経済の低迷に合わせるように減少傾向が続き、
1996年以降は1兆円台で推移。
リーマン・ショック翌年の2009年に1兆円を割り込んでいます。

早く本当の景気回復がやってくるといいですね!
続きを読む

「彩果の宝石」にトマトベリー味!!!

フルーツゼリー「彩果の宝石」をご存知ですか?

彩果の宝石は、さいたまにあるフルーツゼリー屋さんです。
フルーツゼリーとはいうものの、「柔らかめのグミ」って感じでしょうか?

いわゆるゼリーとは違い、歯ごたえと食感があります。
でもグミのように固くないから、小さなお子さんやお年寄りでも食べられる感じですね。

旨味が豊富な果汁とジューシーな果肉を使って作られているので、
フルーツ本来の風味が失われることがないそうです。

パイン、ぶどう、りんご、マスカット、グレープフルーツ、あんずにプルーン・・・
とにかく、凄い種類なんです!!!

そんな「彩果の宝石に、「トマトベリー味」が追加されました。
トマトベリーは、「トキタ種苗」が開発したミニトマトで、
一般的なプチトマトより縦長で肉厚。
糖度が普通のミニトマト6前後に比べ9~10度と甘いのが特徴です。
酸味が少なくスイーツに使われるトマトなんですねー。

トマト鍋やトマトラーメンなど、トマトはいま大ブームですね!
ぜひお試しあれ~!

続きを読む

「宝石のような」青いトカゲ公開 

札幌市の円山動物園は、
昨年12月にふ化に成功したアオホソオオトカゲ(Varanus macraei)を
今月から公開しています。
園によると、国内の動物園や水族館でふ化したのは初めてだそうですよ。

アオホソオオトカゲは、宝石のように鮮やかな青い体色が特徴です。
インドネシアのバタンタ島で1990年代後半に発見され、新種と認められました。
自然界では昆虫や小さな鳥を食べ、体長120センチ前後にまで成長するようです。

円山動物園では、2010年10月から雄と雌を1匹ずつ飼育し始め、
昨年7月に産卵し、4個のうち1個が12月16日にふ化。
現在体長31センチ、体重23グラムで、性別は不明とのこと。

北海道の動物園というと旭山動物園ばかりがクローズアップされますが、
ぜひとも美しく貴重なトカゲを見に円山動物園へも行ってみてください。

お茶を飲みながら飼育員と語らう新企画「飼育員カフェ」など、
面白い企画もやっているようですよ。
続きを読む

「生きている宝石」

中南米に生息し「生きている宝石」とも形容されるモルフォチョウをご存知ですか?
モルフォチョウは、その青く輝く美しい翅(はね)で知られています。

体にくらべて非常に大きな翅をもち、さらに翅の表面に金属光沢をもつのが特徴です。
この光沢はほとんどの種類で青に発色するのですが、
これは翅の表面にある櫛形の鱗粉で光の干渉が起きるため、光沢のある青みが現れるようです。
また、不規則な軌跡を描いて速く飛ぶのも特徴です。
鮮やかな翅の色を持つのは雄で、ほとんどの雌は雄よりも地味な茶色であることが多いとのこと。

そんなモルフォチョウの特別企画展「大モルフォチョウ展」が、
越生町の「おごせ昆虫と自然の館」で開かれています。

同館によると、最新の分類体系で29種類とされるうち、27種類を系統別に展示。
「最新の分類体系に基づくこれほど多彩な展示は史上初ではないか」としています。
同館は土日祝日の午前10時~午後4時開館で入場無料。

開館1周年を記念して展示されるモルフォチョウの標本は150匹に上り、。
人気テレビ番組の初代「昆虫王」として知られる埼玉昆虫談話会の長畑直和さんが採集しました。
同館では、このほかにも県内から東南アジアまで、各地の珍しい昆虫を多数展示しています。
大モルフォチョウ展は、夏ごろまでの予定です。

この機会に「生きている宝石」をご覧になってはいかがですか?
越生の帰り道に「宝石のブリランテ朝霞店」にもお越しください♪
(ちょっと無理があるかしらw)
続きを読む

まさに海の宝石箱!「三陸海宝漬」

海の宝石箱を発見しちゃいました!
岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」で
圧倒的な人気を誇る「三陸海宝漬」(三陸海鮮料理 釜石中村家)をご紹介したいと思います。
岩手県といえば、何と言っても海の幸! 
荒波にもまれた海産物はどれも美味しくて、ついつい目移りしてしまいますね。

早春のうちに刈り取った柔らかなメカブの醤油漬に、
中村家の独自の技法「だまし煮」で
柔らかく煮上げた三陸産アワビ、極上の銀毛鮭のイクラをトッピングしてある、
なんとも贅沢な一品。
目にも鮮やかで、これはおみやげにも、おもてなしの料理としても
本当に喜ばれること間違いなしです。

ここで言う「だまし煮」とは、
天然水と酒、塩を使い、鍋の中に海に近い状態をつくり、
アワビを柔らかく煮上げることを指します。
海に似せると柔らかくなるなんて、少し神秘的な感じもしますね。
素材から調理法の細部にいたるまで、職人のこだわりが感じ取れる商品です。

震災の影響で水揚げが減少したこともあり、
全てを三陸産でまかなうことは難しいのが現状ですが、
できる限り三陸産のものを使用しているそうです。
私たちが商品を買うことで、少しでも復興に近づけるといいな、と思います。
続きを読む

三寒四温♪

冬季に寒い日が三日ほど続くと、そのあと四日ほど温暖な日が続き、
また寒くなるというように7日周期で寒暖が繰り返される現象を三寒四温といいますよね。

3日前は雪までちらついていましたが、その後は抜けるような青空!
春が待ち遠しいですね。

宝石のブリランテ高田馬場店の前の通りは、
午後になると陽がかげってしまい人通りも少なく寒々しいです。

寒さをしのぎに寄っていかれてはどうですか?
暖かい店内にてお待ちしております♪

続きを読む

46億円のダイヤ強奪@ベルギー

ベルギーのブリュッセル空港で18日、ダイヤモンド強盗が発生しました。
軽機関銃で武装した覆面の8人組が車2台に分乗して空港内の駐機場に侵入し、
航空機に積まれたダイヤモンドとみられる約120個の荷物を強奪&逃走。
ダイヤは計約5000万ドル(約46億円)の価値があるとされ、捜査当局が犯人の行方を追っています。

犯人は柵を壊して空港内に侵入。
警備会社の従業員らを軽機関銃で脅し、
離陸前の航空機の貨物室に積まれた荷物を奪うと、
再び車に乗って全速力で逃げたようです。
この間、わずか5分の周到な犯行とのこと。

これってまるでルパン3世じゃないですか!!!!! 

世界的なダイヤモンド取引の中心地であるベルギーのアントワープから
スイスに運ぶ予定だったダイヤモンドの原石や加工品が狙われたようです。
早く解決してほしいものですね。
続きを読む

高田馬場「餃子荘ムロ」で餃子三昧!

先週、「海宝」さんの流れで、
「餃子荘ムロ」で餃子三昧をしてきました!
こちらは、高田馬場では有名な人気店。

もちろんすんなりとは入れずに、行列を並んでの入店です。
6人と大勢だったので、2階席へ。

1階のカウンターに座れば、目の前で客との会話の間も手は休まることなく、
次々と餃子達が包まれていきます。

特ににんにくは小さなニンニクが丸ごと入っていて味的にも食感的にも面白いです。
また餃子のタレは味噌系の特殊なタレを使っているのもちょっと変わっています。


紹興酒でかんぱーーーい!

当店への行き帰りに、
昭和の香り漂う「餃子荘ムロ」で餃子三昧はいかがですかー?

餃子荘ムロ
03-3209-1856
東京都新宿区高田馬場1-33-2

続きを読む

とれたての牡蠣と魚を毎日産地直送!高田馬場 「海宝」さん

こんにちは。
先週末にスタッフ何人かで高田馬場「海宝」さんにて食事をしました。


三重県認定佐藤養殖場の「的矢かき」が自慢のお店です。

選び抜かれた産地で獲れた牡蠣と産地直送の魚と共に、拘りぬいた厳選美酒が楽しめ、
毎日種類が違う生牡蠣7種類+《きき牡蠣チャレンジ》も行っています♪

めちゃめちゃクリーミーで美味しかったです♪

こちらは牡蠣フライ!

お皿ではなく、牡蠣の貝に載ってくるんです(笑)

最近、広島で展開する牡蠣小屋が都内進出したりして何かと話題の牡蠣。
オイスターバーといえばオーセンティックなダイニング空間を想い起こしますが、
こちらは牡蠣の産地も空間も和なんです。

清潔な割烹・小料理店の雰囲気で、お店の方々のご対応も素敵な感じです。
馬場という場所柄、若い人が多いのかと思われるかもしれないですが、客層も大人です。
そしてなんと!
こちらのお店のテラス席はワンコOKなんです!

これは愛犬家にとっては嬉しいですね♪

当店ご利用の際にでも牡蠣を食べに寄ってみられてはいかがですかー?

続きを読む