銃や弾丸をジュエリーに変換!

街から銃をなくそう!という想いで作られたサービスのご紹介です。
銃による犯罪は日本ではなじみがなかったはずですが、
最近ではストーカー事件などでも銃が使われちゃう時代ですよね。
Liberty United では、銃や弾丸をジュエリーに変換して販売しているようです。

「え、これが銃だったの?」と思えるような指輪やネックレスが並んでいますので、
興味がある人は覗いてみてください。

この活動がどれほど効果的かはまだわかりませんが、
銃について考えたり、話したりする良いきっかけにはなりそうですね。
続きを読む

アメリカにホワイトデーはない!

ホワイトデーは無事に終わり、次はホワイトデーですね!
日本では、3月14日のホワイトデーには男性が女性にプレゼント返ししますよね。しかしアメリカはホワイトデーという日自体、存在しません。ホワイトデーと言ってもアメリカ人は「何それ?」となります。

アメリカの『abcニュース』では2013年、日本とアメリカのバレンタインデーの違いが放送されました。
日本ではチョコレートがトッピングされたラーメンが販売されたり、
自分の顔型チョコレートを作ろうとする女性もいる、ということをニュースキャスターが驚きながら報道していました。

ちょっと極端な例を挙げすぎているような気もしますが、
アメリカ人にとってはバレンタインデーに女性が男性に何かをするということは衝撃なのです。

また、バレンタインデーに使うお金も違うようです。
『プランタン銀座』の調査によると、本命の人には平均で35ドル(日本円で約3,500円)出費だそうです。
ちなみに、義理チョコの出費の平均額は100ドル(日本円で約1万円)で、
自分へのチョコの出費の平均額は30ドル(日本円で約3,000円)だそうです。
義理チョコの出費の平均額が高い理由は、会社の上司や友達などにたくさんのチョコレートを配らないといけないからですね。

アメリカのバレンタインデーの平均出費額はなんと『CNNニュース』では、130.97ドル(日本円で約1万3,000円)だそうです! 
日本の約3.7倍! 本気度が違いますね。

来年からはバレンタインに男性から女性にプレゼントを贈ると株が上がるかもしれませんよー♪
続きを読む