図書館でTカード!

宝石のブリランテ高田馬場店でも導入しているお馴染みのTポイントですが、
このたび佐賀県武雄市図書館においてTカードでの運営が始まりましたね。
ニュースでもかなり報道されていましたので、御覧になった方も多いのでは?

代官山の蔦屋書店をベースとしたオシャレな内装です。
初日の入館者は2011年度の1日平均の約7倍にあたる5517人だったとのこと。
従来の入館者数は年間25万5822人(2011年度、開館日331日)で、一日あたり773人。
さすが、Tカード!快調な滑り出しですね!

武雄市がTカードを運営するCCCを指定管理者として選定し(契約は5年間)、
公立図書館部門の運営を委託したものです。
iPadを図書のリファレンス用に導入するなど図書館部分の機能を強化したのに加えて、
CCCの店舗運営のノウハウを生かして、これまでの公共図書館にはないサービス提供も実現しています。

図書館部分に関しては、図書館の開架部分の面積を以前の約1.4倍(約1570平方メートル)に拡大。
総座席数は279席と従来の約1.7倍に増やされました(スターバックスの座席を含む)。
開架蔵書数は20万冊で、従来に比べて倍増!
開館時間は、従来の年34日休館、午前10時~午後6時までを、年中無休で午前9時~午後9時までに変更。
全てにおいて民間の運営になるとサービス改善されますねー♪

職員数は50人で以前(23人)の倍以上ですが、図書館部分に限ると16人と減少しています。
貸し出し管理用に「Tカード」の利用を可能にし、自動貸出機を通すとポイントが付くようです。
なお、従来の図書館カードも利用可能で、市民はどちらかを選択できます。

図書館以外の部分では、
「蔦屋書店 武雄市図書館店」と「スターバックスコーヒー」が出店しています。

東京にもこんな図書館ができないかしら~♪


4月3日の誕生日石です。
スリーカラー・ゴールド(Three Gold)という宝石で、
石言葉は「信頼と忠実と愛」です。

スリーカラー・ゴールドの画像はこちらで!