「宝石のような」青いトカゲ公開 

札幌市の円山動物園は、
昨年12月にふ化に成功したアオホソオオトカゲ(Varanus macraei)を
今月から公開しています。
園によると、国内の動物園や水族館でふ化したのは初めてだそうですよ。

アオホソオオトカゲは、宝石のように鮮やかな青い体色が特徴です。
インドネシアのバタンタ島で1990年代後半に発見され、新種と認められました。
自然界では昆虫や小さな鳥を食べ、体長120センチ前後にまで成長するようです。

円山動物園では、2010年10月から雄と雌を1匹ずつ飼育し始め、
昨年7月に産卵し、4個のうち1個が12月16日にふ化。
現在体長31センチ、体重23グラムで、性別は不明とのこと。

北海道の動物園というと旭山動物園ばかりがクローズアップされますが、
ぜひとも美しく貴重なトカゲを見に円山動物園へも行ってみてください。

お茶を飲みながら飼育員と語らう新企画「飼育員カフェ」など、
面白い企画もやっているようですよ。

2月25日の誕生日石です。
ファントム・アメシスト(Phantom Amethyst)で、
石言葉は「幻影」ですね。

ファントム・アメシストの画像はこちらで!