いよいよ開店です!

年末年始の長いお休みをありがとうございました。
高田馬場店、本日よりオープンです!
(金町店は年中無休で引き続きよろしくです)
本年もお引き立てのほど宜しくお願いいたします。

さて、1月7日といえば七草(七草がゆの日)ですね。
春の七草の覚え方を知っていますか?

5・7・5・7・7のリズムで、
俳句のように合わせて口ずさむのが一般的ですね。

せりなずな
ごぎょうはこべら
ほとけのざ
すずなすずしろ 
春の七草

●芹(せり)……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
●薺(なずな)……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
●御形(ごぎょう)……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
●繫縷(はこべら)……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
●仏の座(ほとけのざ)……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
●菘(すずな)……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
●蘿蔔(すずしろ)……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、
邪気を払い万病を除く占いとして食べます。
呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、
野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるようです。

1月7日には七草粥を食べましょう♪

さて、1月7日の誕生日石です。

アンモライト(Ammolite)で、
石言葉は「過去の思い出」です。

アンモライト (ammolite) はオパール状の遊色を持った生物起源の宝石で、
アメリカ合衆国とカナダのロッキー山脈の東斜面にのみ産出します。

アンモナイトの化石からなり、主として霰石(真珠を形成するものと同じ)からなり、
琥珀や真珠などと同じく生物活動によって作り出された宝石の一つです。
「オパール化したアンモナイト」と表現される場合もあります。

アンモライトは自分の中に輝く可能性がある事を教えてくれる石です。
ほとんどのアンモナイトは光らないのに、アンモライトは光る事がそれを示しています。
エネルギー特性が個体によってかなり異なりますので、
出会った時の直感に従って選ぶと良いでしょう。

アンモライトの画像はこちらで!