初夢を見ましたか!?

いつ見た夢を初夢と呼ぶのでしょう?
初夢の夜をいつにするかについては諸説がありますが
一般的には2日の夜に見る夢を初夢と呼ぶようです。

初夢はたいてい、正月の特別な生活状態や食生活を反映することが多いようです。
特別な意味があるとするなら、
新年の抱負や希望を日頃の夢より強く影響しているからといえます。

吉夢のベスト3は「一富士、二鷹、三なすび」。
これにはいろんな説があります。
ひとつは徳川家康の好きなものを並べただけというもの。
富士山を見て、鷹狩りをし、ナスを食べるのが家康の幸せだったとか。
これが縁起の良い夢の筆頭になったのは、家康にあやかろうってことなのでしょうか。

しかし、富士=無事、鷹=高く、なすび=事を成す・・・・というように、
縁起を担いだ語呂合わせの意味であると言う説が一番わかりやすいかもしれません。

また、初夢に良い夢を見るためのおまじないとして昔から知られているものの一つは、

 なかきよのとをのねぶりのみなめざめ
  なみのりぶねのをとのよきかな

(長き世のとをの眠りのみな目覚め波乗り船の音のよきかな)
 
という回文(上から読んでも下から読んでも同じ言葉)を書いた物を枕の下に敷くというもの。
もうひとつは悪い夢を食べてくれるという獏(ばく)の絵、あるいは「獏」という字を書いた紙を
枕の下に敷いて寝るというものです。

まだ初夢を見ていないという方は、ぜひお試しください♪

1月3日の誕生日石です。
トパゾライト(Topazolite)で、
石言葉は「確実な吉報」です。

トパゾライトはアンドラダイトの一種です。
名称は色彩がトパーズに似ていることに因んでいます。
後の研究で、トパゾライトはデマントイドと同じ種類の鉱物であると判明しました。
現在、トパゾライトという呼び名は消えつつあります。

トパゾライトの画像はこちらで!