世界初のジュエリーのクラウドソーシングECサイト「Shopbevel」

近年注目を浴びているeコマースのビジネスモデルの1つに、「クラウドソーシング」があります。
不特定多数のクラウド(群衆)が集まって何かをつくり上げていくというものです。
そこで今回は、世界初のジュエリーのクラウドソーシングECサイト「Shopbevel」をご紹介しますね。

このサイトは、定期的に開催されるコンテストにジュエリーデザイナーが自分のデザインを応募し、
ユーザーが気に入ったデザインに投票、人気のあるデザインが商品化されるというしくみになっています。
これまでにベンチャーキャピタルなどから75万ドル(約7500万円)の資金提供を受けているので将来性はあるのでしょう。

Shopbevelを生み出したのは、Courtney McColgan(以下マッコルガン)氏。
過去には、大手投資銀行モルガン・スタンレーや大手ベンチャーキャピタルDFJでアナリストとして勤務。
また、スタンフォード大学ビジネススクールにてMBAを取得しています。

2012年1月に開催されたShopbevel初のデザインコンテストには68人のデザイナーが参加し、4000件以上の投票が集まりました。
その後もこの勢いが衰えることはなく、コンテストの度に参加デザイナー数も投票数もどんどん増えているようです。

ではここで、Shopbevelのしくみをご紹介します。

1. SUBMIT
Shopbevelでは、定期的にデザインコンテストが開催されます。
デザイナーたちは、それぞれのコンテストで指定されたテーマに沿ったデザインを指定された期間の間に応募。
参考までに、これまでのコンテストには次のようなものがあります。

Poppy Red(赤い色のジュエリー)
Ivory, Lace and Linens(象牙、レース、リネンを取り入れたジュエリー)
Layers and Pendants(何連ものレイヤー状になっているジュエリー)
Vintage Inspired(ヴィンテージ風のジュエリー)
Boho Grunge(ボヘミアンスタイルのジュエリー)
Fall Trends(秋のトレンドを取り入れたジュエリー)

ちなみに現在開催中のコンテスト「Be the Next Brit Kit」では、
DIYキットのサブクリプションサービスを提供する「Brit + Co.」とコラボしています。
このコンテストの勝者のジュエリーは、Shopbevelで商品化されるだけでなく、
Brit + Co.のサブスクリプションボックスの中身としても採用されます。
時々、こういったコラボレーションコンテストも開催されているようです。

2. VOTE
デザイナーの応募期間が終了したら、次はユーザーの投票期間です。
ユーザーはShopbevelのウェブサイト上から、自分の気に入ったデザインに投票したりコメントを残したりすることができます。
投票期間の終了後、ユーザーからの投票数やソーシャルメディア上の反応(「いいね!」数やコメント数など)をもとに、
Shopbevelチームがコンテストの勝者を選択します。

3. PREORDER
コンテスト勝者のデザインはその後商品化されますが、本格的な製造に入る前にユーザーは商品のプリオーダーをすることができます。
プリオーダー価格は実際に商品化されたあとの価格よりも安いため、そのデザインに投票したユーザーにとってはお得なシステムですね。

4. PRODUCE
商品の製造は、米国内または中国で行われます。
Nordstorm、Macy’s、Walmart、QVCなど、大手企業の商品も製造している実績のある工場と提携を結んでいるため、
品質もしっかり保証されているようです。
またShopbevelは原材料の調達にもこだわっており、できる限り環境にやさしい素材を使っているとのことです。

5. SALE
できあがった商品は、Shopbevelのウェブサイト上で販売されます。
一般的にジュエリー業界は、中間業者(小売店など)のマージンが非常に大きい(100~300%)業界だと言われています。
しかしShopbevelでは製造したものを直接ユーザーに販売しており中間業者が存在しないため、
その分価格を抑えて販売することが可能となっています。
ユーザーは、質のよいジュエリーを手頃な価格で購入することができるのですね。
商品が売れた場合、デザイナーは販売価格の15%をロイヤリティとして受け取ることができます。

以上が、Shopbevelの一連の流れです。
つまりコンテストに参加するデザイナーには、

世界中のジュエリー好きユーザーに自分のデザインを見てもらえる
他のジュエリーデザイナーと交流したり、意見交換をしたりすることができる
自分のデザインを商品化するチャンスがある
ShopbevelのブログやFacebookなどを通してジュエリー業界のトレンドを追える

などのメリットがあるということです。
2013年3月時点で、Shopbevelにはデザイナー3500人とユーザー7000人が参加していたようです。
そして、その数は今も増え続けているとのこと。

このようなサービスは、弊社のような宝石小売業にとっては脅威とはなりますが、
ジュエリーが脚光を浴びるのはいいことではあると思います。

ご来店お待ちしております。


11月9日の誕生日石です。
タートイス・シェル(べっ甲)という宝石で、
石言葉は「長寿、深遠」です。

べっ甲の画像はこちらで!

********************************
宝石&ジュエリーの事なら「宝石のブリランテ」へどうぞ。
世界にたった一つのオリジナルジュエリーもご提案出来る宝石店です。
新宿・高田馬場での宝石修理・リフォームならどんなことでも御相談ください。
金・プラチナ・シルバー・ダイアモンドの買い取りもいたします。
高田馬場本店:東京都新宿区高田馬場2-14-27高橋ビル1F
金町店:東京都葛飾区東金町1丁目10-8(イトーヨーカドー金町店内)
********************************